若林けんた
若林けんた

2021年9月2日

◆けんたのまっすぐ便◆ Vol.149 2021年9月2日発行

朝晩の涼しい風に吹かれ、虫の音を聞くと、秋の訪れを感じます。
気がつけば、稲穂もすっかり身を付けて頭を垂れつつあります。
コロナ禍にあっても、実りの秋へ、確実に季節は移り変わっていきます。 オリンピックに続いて、パラリンピックが東京では開催され、連日、日本勢のメダル獲得情報が入ってきます。
パラリンピアンの前向きな精神と鍛え上げられた肉体から演じられる競技に感動しています……

2021年8月2日

◆けんたのまっすぐ便◆ Vol.148 2021年8月2日発行

梅雨が明けた途端に、猛暑の日々が続きます。
如何お過ごしでしょうか。
開催直前まで、コロナ対応を優先するため中止を決断しろと野党や一部マスコミから言われていた東京オリンピックですが、連日のメダル獲得の情報に、今やオリンピック一色になっています。
連日伝えられる日本勢の活躍には、元気と勇気を与えられ、久しぶりの明るい話題に、交わす会話も弾みます。
人間の持つ無限の可能性や努……

2021年7月2日

◆けんたのまっすぐ便◆ Vol.147 2021年7月2日発行

令和3年も半年が過ぎて折り返しを迎えました。
今月は、東京オリンピック開会式が23日に予定されており、既に、各国選手団が続々と入国しています。
バブル方式による大会関係者の隔離政策で、各種国際大会を乗り越えてきたと言いますが、オリンピックとなれば規模も大きく、大会組織委員会の皆さんも不眠の努力をしながら準備に取り掛かっている事でしょう。
変異株の影響が徐々に出て来て、東京での感……

2021年6月3日

◆けんたのまっすぐ便◆ Vol.146 2021年6月2日発行

令和3年が始まって、早くも5カ月が過ぎました。
百年に一度のパンデミック新型コロナウイルス感染拡大に翻弄される毎日が続き、諸行事が中止延期となる中で、暦ばかりが過ぎていく様に感じます。
季節の行事が行われないと、なんと味気なく時が過ぎていく事か。街での行事もないので、ご近所で顔あわせても「久しぶり」と挨拶する始末。
一方でワクチン接種も始まっていますので、今少しの辛抱ですから、……

2021年5月6日

◆けんたのまっすぐ便◆ Vol.145 2021年5月6日発行

参議院長野県区補欠選挙が終わって、直ぐにゴールデンウイークへ突入しました。
早速に、選挙の御礼とお詫びを申し上げなくてはならないところですが、大型連休明けとなり、申し訳ありません。
多くの皆さんにお世話になり展開された選挙戦でした。
長野1区選挙対策本部長として、心から感謝申し上げ、結果を出せなかった事、お詫びいたします。
長野1区北信地域での結果は約5千票差の接戦でした……

2021年1月4日

【新年ご挨拶】明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。新春を健やかにお迎えの事とお慶び申し上げます。  昨年は、百年に一度の新型コロナウイルスによるパンデミックという事態にあって、世界中がその対応に明け暮れる一年となりました。新型コロナウイルスにより犠牲になられた方のご冥福をお祈りし、今なお闘病されている方の快復を祈念いたします。  年末には、予想も出来ないニュースが飛び込んできました。53歳と若い羽田……

2020年12月1日

冬将軍の到来と共に、新型コロナ第3波が猛威を振るっています。

 えびす講も終わり、いよいよ師走。今年も残すところ1か月となりました。私たちが今生きる2020年は、後世振り返ると歴史的な節目の年と言われるのでしょう。世界を見れば、米中の冷戦構造が確定する中で米国大統領の交代がありました。国内でも、第4次産業革命とも言われるデジタル革命はコロナ禍を経て急速に進んでいくでしょう。全てのビジネスモデルが大きく変わり、ライフスタイルそのものも変化して行きます。節目の……

2020年11月4日

秋も深まり、菅新内閣での臨時国会へ

 秋が深まり、山が白くなり、冬の足音を感じる季節になってきました。連日のご挨拶廻りも、コロナ禍で休止した後、再開した時は全身から汗が噴き出す暑い毎日でしたが、いつしか時が過ぎ、厚手のチョッキを着込んで歩くようになっています。今年は、夏の盆踊りも、秋のお祭りでのお神輿もなく、季節感を感じられないまま暦が進んでいく様に感じます。恐らく、後世、歴史的な転換期と言われるであろう令和2年も、残り2か月とな……

2020年10月2日

新内閣が発足し新たな時代へ

 日が短くなり、朝晩めっきりと涼しく秋の深まりを感じます。今年は、まちの秋祭りも神事のみとするところが多く、毎年この時期になると各町へ出向いて担いでいるお神輿にも伺う事が出来ません。諸行事がなく、暦だけが進んでしまうので季節感が掴めないような気がします。これも、コロナ禍を乗り切るため致し方ないと受け入れるしかありませんね。  政府が進めるGO TO事業も、トラベルに続いてイートやイベントな……

2020年9月7日

長い梅雨、厳しい残暑、永田町も異常気象

 長い梅雨の後は、お盆を過ぎても猛暑が止まぬ残暑厳しい毎日。南太平洋の海面水温が異常に高くなっていて、大型の台風が発生しやすい環境になっているそうです。つくづく異常気象である事を実感させられます。  永田町も異常気象と言いましょうか。予測できない事態が起きました。7年8カ月に渡り日本の舵取りを務めた安倍晋三総理大臣が、持病の潰瘍性大腸炎再発によって退任すると表明して、急遽、自民党総裁選挙が……